アアルトとヴォッコ

d0207540_20343100.jpg



リビングのお掃除中。(もちろんルンバが)

隣の部屋に一時避難した椅子たちが整列してる姿を見て、思わずパチリ。

artek(アルテック)の椅子は横から見ても美しい佇まい。笑




我が家のartekはバーチのナチュラルがメインですが、
ポイントで、テーブルの天板が黒色リノリウムだったり、
椅子の座面が布張りされたものを使っています。


写真の一番左のは、唯一のヴィンテージ。
chair 63。
ネイビーの布張りです。
状態も良くて、他の新品のものより少しだけ焼けていますが、
ちゃんと部屋に馴染んでいます。

その椅子の上にはいつも『SIENA(シエナ)』のネイビーのクッション。

『SIENA』はアルヴァ・アアルトが1954年に
自分の建築の室内のためにデザインしたテキスタイルです。
ヘルシンキにあるアアルト自邸では、
書斎のカーテンやリビングに置いたピアノのカバーとしても使われています。

私も夫も、artekのテキスタイルの中では『SIENA』が一番好きなので、
ファブリックパネルやトレーなど愛用しています。


その隣のスツールは、『chair E60』のARTEK WHITE。
バーチ材に白ラッカー塗装したタイプで、
座面はmarimekko(マリメッコ)のテキスタイルの布張りされています。
1958年に発表されたVARVUNRAITA(バルブンライタ)というストライプ柄で、
ヴォッコ・エスコリン-ヌルメスニエミのデザインです。
ちなみに、同じ年に発表された、PIRPUT PARPUT(ピルプト パルプト)という
ランダムなドットも好きです♪

d0207540_2134567.jpg
このクロスは、フィンランドで購入したもの。生地感も好き。


50年以上前に発表されたデザインが、
今もこうして愛されてることは素晴らしいことですね。


せっかくなら、ベビーチェアもartekで!と考えて調べたところ
あることにはあるのですが、
日本の安全規格には適していないために、
ヤマギワさんでもお取り扱い出来ないようです。

安全性は最優先ですからね。
仕方がありません。


どなたか、artekのダイニングテーブルにぴったりな
ベビーチェアのおすすめがあれば教えて頂きたいです〜。
[PR]
by pieni358 | 2011-05-21 20:03 | 愛用と定番


pieni iloとはフィンランド語で小さな喜びを意味します。おうちのことや好きなもの、日々に彩りを添える小さな喜びを綴ります。       


by pieni358

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

イロトリドリの 3月
at 2016-04-01 00:35
Gefle(ゲフレ)のmim..
at 2016-02-28 23:25
ミモザの季節。
at 2016-02-27 23:30
Happy new year..
at 2016-01-04 23:00
家族のクリスマス、後編。
at 2015-12-28 00:00

タグ

(152)
(44)
(41)
(40)
(39)
(29)
(21)
(21)
(20)
(18)
(16)
(10)

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...

その他のジャンル

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

子育て
住まいとくらし